脱毛サロン口コミ比較ドットビズ【マチコの知らない世界】TOP画像

脱毛サロンVIOの手順について

VIOの無駄毛ケアも、今や常識となっていますね。
絶対に失敗したくない部位だから、多くの女性が脱毛のプロに任せたいと考えています。

VIO脱毛の際は、このような紙ショーツを履いて施術を行います。


サロンで脱毛を決意しても、自己処理をやらなければいけないことには変わりないし、「何回契約するのが正解?」「施術は恥ずかしくない?」など様々な悩みが出てきます。
そんなVIO脱毛につきものの悩みに、ひとつひとつお答えしていきましょう。

VIO脱毛の前に、自己処理の正しいやり方をチェック

VIOラインの自己処理の方法って、なかなか人に聞けるものではないし、「みんなどうやっているんだろう?」と戸惑ってはいませんか?
間違った処理方法を続けていると、炎症や怪我などのトラブルにもなりかねないので、手探りで恐る恐る事前処理しているのではないかと思います。

デリケートゾーンの自己処理の方法は、Vライン・Iライン・Oラインのそれぞれに、正しいやり方とコツがあります。
VIOは自己処理がひときわ難しい部位ですが、正しい手順やコツを知っておくと処理がずっと楽になり、安全に行えますよ。

自己処理の基本は、無駄毛をカットするハサミ(眉バサミなど細かなカットができるもの)、そして電気シェーバーを使うことです!
VIOの自己処理にカミソリを使うと、肌を傷つけたり炎症を起こすリスクが高いので、必ず上記の2つを用意して行いましょう。

もうひとつのポイントは、ハサミで無駄毛を短く切りそろえから、電気シェーバーで剃ることです。
いきなりシェーバーを使うと、長い毛が引っ張られたり絡まったりして、怪我や事故の元となります!
シェーバーで剃るときは、毛の流れに沿って上から下へと刃を動かすと、肌への負担を軽くしながら安全に剃れますよ。

それでは、デリケートゾーンのパーツごとに、事前処理のポイントを解説していきますね!

Vライン


Vラインはデリケートゾーンの中でも一番見えやすいパーツなので、Iライン・Oラインほど難しくはありません。
Vラインの自己処理の際は、正面に大きくて角度をつけられる鏡を置いておくと、手元がよく見えて丁寧な処理ができます。

Vラインで残したい毛の形が決まっているときは、左右でズレがないか鏡でこまめにチェックしながら処理を進めましょう。
残したい毛の範囲を手で押さえて、内側に向けて引っ張りながらシェーバーを当てるのがコツです。
ミュゼで配布されているような、Vラインプレートなどを活用すると、失敗せずに形を整えられますよ。

Vラインプレート
※VIOラインプレートのイメージ

Iライン


粘膜に最も近いパーツであるIラインは、より慎重な処理をしないと危ないので、焦らず時間をかけて行いましょう。
Vラインと同様に、まず長い毛をハサミで短くしてから、シェーバーで剃っていきます。

シェーバーを当てるときには、必ず内側から外側へ刃を動かしていきましょう。
空いている手で皮膚を引っ張りながら刃を当てると、引っかかったりすることなく、安全に剃れます。

Iラインは特に、小さめサイズで小回りの効く電気シェーバーを使うことを推奨します。
自己処理グッズとして人気の、フェリエ顔用シェーバーを使うのがオススメですよ。

Oライン


Oラインは一番見えにくいパーツなので、鏡の置き方や体勢を工夫する必要があります。
おススメなのは、床に置いた鏡の上にしゃがみこむ体勢です。
鏡を見えやすい角度に置いてチェックしながら、シェーバーの刃をお尻の外側から内側に向かって動かしていきましょう。

OラインはIラインよりもっと難しそうにも思えますが、実際はシェーバーをお尻の窪みに向かって動かしていくだけなので、意外とカンタンです。
Vラインのように形にこだわる必要はないので、すべての毛を剃ってしまいましょう。

剃るときのコツは、Vライン・Iラインと同じで皮膚を引っ張って伸ばしながら、皮膚と刃が密着するように当てることです。
剃りにくいと感じたら、脚をもっと開いたり、つま先立ちになったりして、自分が処理しやすい体勢を色々と探ってみて下さい。

曲線の強いOラインの外側だと、顔用のシェーバーでは剃りにくいため、そこだけは面の広いボディ用シェーバーを使ってみて下さい。

Oラインの中心側は、顔用のシェーバーを使って粘膜に傷をつけないように気を付けてくださいね。

VIO脱毛の手順・施術中の体勢は?


VIOの脱毛は、自己処理するよりサロンでするほうが何かと不安ですよね。
「スタッフの目の前で、事前処理のときよりも、もっと恥ずかしい格好になるのは嫌だ・・・」と憂鬱になるのではないでしょうか?

脱毛サロンでは施術の流れを簡単に説明していても、VIOの場合本当に知りたいポイントが分からなかったりします。
そこで、脱毛サロンでのVIOの施術は、一般的にどんな手順や体勢で行っているのか、調査したのでその結果をお知らせします!

VIO脱毛中の服装


VIO脱毛の前に、専用の紙パンツやTバック型のショーツに履き替えるサロンがほとんどです。
なので、脱毛中に着るものを自分で準備していく必要はありません。

施術直前には、光から目を保護するために目の上にタオルをかけるか、アイマスクを着用することになります。
これでスタッフと目が合ったりしないし、自分の格好を強く意識しなくなるので、恥ずかしさもそれほど感じることはありません。

Vライン脱毛の手順と体勢


紙パンツやショーツを履いた状態で仰向けになり、パンツからはみ出た無駄毛に光を当てていきます。
両脚は大きく開かなくても構いません。

光が届かない部分は、パンツをずらしながら照射していきます。
脱毛範囲が広いときは、下に何も履かない状態で脱毛することもあります。

Iライン脱毛の手順と体勢


紙パンツ・ショーツを着用した状態、あるいは何も着用しないままで仰向けになります。
体勢は片足ずつ「く」の字に曲げて外側に開き、紙パンツをずらしながら照射していきます。
痛みを感じて反射的に体勢がずれそうになることがありますが、スタッフが押さえていてくれるので大丈夫です。

Oライン脱毛の手順と体勢

サロンによって横向き寝や四つん這い体勢になるところもありますが、うつ伏せになるのが主流です。
Iラインと同様に、専用のパンツは履くところとそうでないところに分かれます。
ギリギリの範囲まで照射するために、手でお尻を広げたり、パンツをずらしたりしながら照射していきます。

このように、VIO脱毛中の格好は、恥ずかしさを感じさせないように配慮されています。
スタッフもテキパキと作業を進めていくので、ヘンに意識しなくて済むかと思います。

VIO脱毛の回数は、何回で効果が出る?

VIOは濃い無駄毛が密集している部位なので、他より回数が多くなるのでは?と思いますよね。
回数ごとの効果の目安は下記のとおりです。

6回 VラインとIラインの無駄毛が薄くなってくる
10回 Oラインの無駄毛が薄くなってくる
12回 ツルツルの状態になる

あくまで目安なので、6回で満足する女性もいれば、12回以上かけて通ったほうが良いケースもあります。
VIOをツルツルになるまで脱毛したいなら、VIOの回数無制限キャンペーンを狙うか、VIO専用のお得なプランを用意している脱毛サロンを選ぶのがおススメですよ。

「お得な料金で脱毛できるか?」だけでなく、「VIOの痛みが少ないか?」「好みの形をオーダーできるか?」といった点もチェックしつつ、サロンを選んでみて下さい。
VIO脱毛を始めるのにおススメの脱毛サロンを、いくつかご紹介します。

ディオーネ

1回5,400円からのVIO脱毛体験ができます。
さらに、ディオーネ独自の「ハイパースキン脱毛」は、痛みゼロのVIO脱毛を実現しています!

ミュゼプラチナム

VIOすべてのパーツがセット価格になった、「ハイジニーナ7美容脱毛コース」もあります。

口コミでの評判がよく、脱毛サロン初心者でも通いやすいのがポイントです。

  • 女性の体験談
  • 男性の体験談

全身脱毛サロン比較料金プランと口コミ紹介ドットビズ

脱毛サロン口コミ比較ドットビズ【マチコの知らない世界】フッター画像

ホームページ名
Copyright (C) 2017 全身脱毛サロン比較料金プランと口コミ紹介ドットビズ All Rights Reserved.