脱毛サロン口コミ比較ドットビズ【マチコの知らない世界】TOP画像

脱毛の種類それぞれのメリットとは?レーザー脱毛って永久に効果があるの?

針脱毛

数ある脱毛法の中でもトップクラスに時間がかかり、高額なのが針脱毛です。現在ではもっと手軽で費用も少ないレーザー脱毛に取って代わられているものの、針脱毛にしかないメリットもあり、現在でも続けているクリニックがあります。

針脱毛のメリット

haridatumo
レーザー脱毛では対処できないような、うぶ毛や休止状態の毛根や、肌が黒く日焼けしている方、黒ずみやホクロが多い方でも脱毛することができるのが、針脱毛の大きなメリットです。
ワキの毛を
また、唯一「永久脱毛」となることが実証されている方法であり、手間はかかるものの確実に毛根を脱毛させることができます。

針脱毛のデメリット

hari-1
針脱毛は、その名のとおり針を毛穴に差し込みます。電気を通して毛根にダメージを与えることで、永久脱毛が実現できます。
そのため、レーザー脱毛に比べて強い痛みを伴います。冷やすことで痛みを和らげたり、麻酔を利用する場合もあります。
脱毛後は赤みや腫れが発生することがあります。これらは誰にでも起こることであるため、トラブルとはみなされません。
しかし、クリニックにて処置を受けたのであれば、医師による診断が受けられるので安心です。


hari-2
また、施術にはとても高度な技術を必要とするため、その技術料が高額となります。
体毛の多さにより施術時間が大きく異なってくるため、料金は時間制となることが多いようです。
レーザー脱毛と比較すると、針脱毛はデメリットが無視できません。しかし完全な永久脱毛に加えて、レーザーでは対処できない部分も脱毛可能なことから、それぞれを上手に使い分けることがもっとも賢い選択肢といえるでしょう。

光脱毛

脱毛のしくみとしてはレーザー脱毛と同じく、黒や茶色に反応するレーザーを当てることで、毛根にのみ効率よくダメージを与えてムダ毛を永久に処理する方法です。
高出力のレーザーは危険性が高く、医療従事者でなければ取り扱うことができませんが、その出力を抑え範囲を広め、コストカットしているのが「光脱毛」です。

光脱毛のメリット

laser
皮膚に直接刺激を与えることが少ないため、カミソリやワックスによる脱毛などと比較して、肌への負担が少ないことが特徴です。
また出力が抑えられているため、医療従事者でなくとも取り扱いが簡単です。施術を行う人の技量に左右されにくいため、トラブルに遭遇しにくいのも嬉しいポイントです。
低出力である一方、範囲を広くして費用的、時間的コストダウンが実現できており、レーザー脱毛と比べて安く受けることができます。

光脱毛のデメリット

laser-2
レーザー脱毛と同等の効果を目指す場合は、より多く施術を行う必要があります。また、肌が濃く日焼けしている方や黒ずみ、ホクロの多い方は施術を受けることが難しい場合があります。
照射対象は黒い色でなければならないため、白髪やうぶ毛には効果を発揮できません。完全に脱毛したと思っても、これらの毛が成長してくることで再びムダ毛が増えることもありますので、繰り返し施術を受ける必要があります。
これらのデメリットにより、光脱毛ができないエリアについては、針脱毛など他の方法を取り入れることで、全身くまなくキレイに脱毛することが可能です。

キレイモでは光脱毛が出来ます

laser-datumou
キレイモでは痛くなく、安全に脱毛が出来るのでオススメです。
3つのプランで選べる全身脱毛キレイモの効果を体感してください。
カンセラーもいるので、脱毛をする前にカウンセリングを受けてから、体験も出来るので初めての方でも安心です。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、黒い色にのみ吸収されるレーザーを皮膚に当てることで、毛根にダメージを与えることで永久的な脱毛効果が得られます。
医療用の器具を使用することになるため、医師でなければ扱えませんが、エステサロンなどではレーザーの出力を抑えることで対応しており、これらは「光脱毛」と呼ばれ、レーザー脱毛と差別化される場合もあります。

レーザー脱毛のメリット

laser-merit
脱毛が完了するまでに受ける回数が比較的少なく、また一度の施術時間も短くて済むため、スピーディーな脱毛が可能です。
カミソリや毛抜きなどの原始的な脱毛法と比べると、皮膚への負担は遥かに軽く済みます。
毛穴がそっくり塞がってくれるため、すべすべツルツルの美肌効果が期待できます。
出力が高く、大きな効果を期待できるレーザー脱毛は、医師のいる美容整形のクリニックなどで受けることができます。
つまり皮膚の専門家である医師が、脱毛の効果や皮膚の状態を診ることになりますので、術後のケアに安心できます。

レーザー脱毛のデメリット

laser-demerit
レーザーは色によって刺激を与えるため、黒人のような濃い肌の人種や、強く日焼けをしていたり、ホクロや黒ずみの多い方には、はげしい痛みややけどを引き起こすことがあり、施術はほとんど不可能となります。
術後の皮膚状態は日焼けのような状態となるため、当日の入浴くらいはシャワーのみとした方が良いようです。
また、レーザー脱毛するエリアの毛は事前に除毛しておくことも必要であり、クリニックによっては来院前に各自での除毛が求められ、除毛されてない場合は施術を受けられないこともあります。

ワックス脱毛

水アメのような専用の薬剤(ワックス)を塗り固め、その粘着力でムダ毛を毛根から取り除く方法が「ワックス脱毛」です。ワックスは比較的簡単に手に入るだけでなく、エステサロンなどでも受けることができます。

ワックス脱毛のメリット

wax-datumo
カミソリ脱毛のように刃物を使うことなく、肌表面をキレイに仕上げることができます。
しかも肌の上に露出している部分を切り取るわけでなく、毛抜きで丁寧に一本一本抜いたかのように、毛根まですっきり抜き取ることができます。
ワックス自体が入手しやすく、利き腕側の腕や甲などの、一人では難しい場所も簡単に脱毛することができます。

ワックス脱毛のデメリット

wax-demerit2
少なからず皮膚に刺激を与えるため、肌の弱い方や弱いエリアには向いていません。
既に生えている毛にのみ作用するため、休止状態の毛根には手を出せません。
つまり、脱毛した後は1ヶ月も持たずにまた生えてきてしまいます。
また、ワックスの取り扱いには多少のコツが必要となります。
はじめのうちは、固まったワックスが上手く剥がれないこともあり、痛みを伴う場合もあります。

ワックス脱毛のコツ

wax-datumou-2
ワックスの種類により塗った後の扱いが異なります。
説明をよく読み、必要ならば専用のシートを貼りましょう。
剥がす場合は、毛の流れとは逆方向となります。
また、ワックスが肌に合うものかをテストすることも必要です。
練習のつもりで目立たない部分を小さい範囲に塗り、実際に剥がすまでを一通り行うことをオススメします。
これらを踏まえて、時間に余裕をみてチャレンジしましょう。

家庭用脱毛機器

電器店では多くの家庭用脱毛機器が販売されています。それらは、クリニックで扱われている「レーザー脱毛」の専用機器より弱いものの、同じ原理でムダ毛脱毛できるものもあり、意外と大きな効果が得られる場合もあります。

家庭用脱毛機器使用のメリット

katei-1
レーザー脱毛や光脱毛を受ける場合は、サロンやクリニックへ出向く必要がありますが、家庭でいつでも利用できる点で、脱毛器はとても便利です。他人に肌を晒すことに抵抗のある人でも、安心して脱毛できます。
だれでも手軽に使用可能な反面、出力はとても弱いため、脱毛効果もそれなりです。しかし長く愛用することでほとんど永久といっていいほど、ムダ毛とは無縁な生活を送ることができます。家族と使いまわすことができるのも大きな利点です。

家庭用脱毛機器使用のデメリット

katei-2
各社から販売されているため、選択肢が多いのは結構なことですが、当たり外れがあるのはデメリットだといえます。
値段もそう安くはないため、これから購入する機器がどんな性能を持っているものなのか、脱毛効果は期待できるのか、十分に吟味しましょう。
カートリッジ式の部品交換が必要なタイプには注意が必要です。
交換には手間もコストもかかる上に、その部品がいつまでもメーカーで取り扱うとは限りません。
長く愛用しつづけたいにも関わらず、それができない場合も考えられます。
もっとも大きなデメリットは、プロの手による脱毛と比べると危険が伴います。確実性にも欠けるため、迷うようであればサロンやクリニックに相談しましょう。

毛抜き

ピンセットなどを使用して、ムダ毛を物理的に抜いてしまう毛抜きは、始めるとつい夢中になってしまう脱毛方法です。手間はかかるものの、一見するとキレイに仕上がりますが、これにもさまざまなメリットやデメリットがあります。

毛抜きのメリット

kenuki
多くの脱毛法と比べて、ピンセット状の道具ひとつあれば手っ取り早く簡単に始められます。
一本一本を丁寧に抜くことで、キレイな肌を手に入れることができます。
朝の準備や休憩時間などに、気になる毛を見つけたらどこでもすぐに処理できるのが毛抜き最大のメリットと言えます。
毛抜き道具は手放さないという方も少なくありません。

毛抜きのデメリット

maibotumou-1
物理的にムダ毛を取り去る方法は、カミソリ脱毛やワックス脱毛などの方法がありますが、毛抜きの場合は肌へのダメージが特に大きいことで知られています。特に問題なのは「埋没毛」になりやすい点にあります。
毛を抜いた部分の皮膚は「ケガをした」ような状態となってしまいます。生理的な現象として、その部分の皮膚を守るためにかさぶたを作ってしまい、その毛穴から後に生えてくる毛は皮膚の表面に辿りつけず、埋没毛となってしまうのです。


maibotumou
一度埋没毛となってしまうと、その毛を掘り出すためには皮膚を傷つけねばならず、また埋没毛を繰り返すことになってしまいます。
また、毛根が割れてしまうことで一つの毛穴から複数のムダ毛が生えてくることになったり、毛穴の黒ずみなどを発生させてしまいます。
その他にもさまざまな皮膚のトラブルを産んでしまうため、毛抜きは特にキレイでいたい女性にはおすすめできない脱毛法です。

カミソリ脱毛

カミソリ脱毛は、コンビニやドラッグストアなどで簡単に手に入る道具だけですぐに始められるため、多くの方に行われているムダ毛の処理方法です。メリットと共に多くのデメリットがあります。

カミソリ脱毛のメリット

46urjyxfth
道具が簡単に手に入るため、すぐに始められるのが最大のメリットです。カミソリを肌に当てるのは危険ですが、シェービングローションなどで皮膚を保護すれば安全性は高まります。
瞬間的にはキレイな仕上がりとなりますが、男性のヒゲなど濃い部分ならば、夕方にもなればチクチクと生えだしてきます。長くても数日で脱毛効果はなくなり始めます。
しかし脱毛のための作業時間は短く、ほんの数分で終わらせることができます。急な外出などに間に合わせられるため、カミソリとローションは用意しておいても損はありません。

カミソリ脱毛のデメリット

kamisorimake2
鋭い刃物を皮膚表面に当てるため、見た目にはムダ毛だけを処理できているように見えますが、肌へのダメージは無視できるものではありません。
肌への刺激によりメラニン色素が生まれてしまい、肌が黒ずんでしまう原因となります。また毛穴の奥で切断されたムダ毛は、皮膚の奥で伸び続けてしまうことで「埋没毛」となります。


kamisorimake
見た目に悪い上、さまざまな皮膚のトラブルを発生させてしまいます。
また、皮膚の弱い部分は「カミソリ負け」と呼ばれる症状を発生させることもあります。ヒリヒリと長時間痛む上に、長期的にダメージを受け続けることでブツブツと出来物が発生します。

電気シェーバー

電気店には、多くの美容家電が販売されています。電気シェーバーといえば男性のひげ剃り用を連想しますが、全身のムダ毛を処理できる女性用の電気シェーバーも揃っています。
これらを使用した脱毛法には、どのような利点があるのでしょう?

電気シェーバーのメリット

syeiba
金属の刃で毛を刈り取るという仕組みそのものでいえば、電気シェーバーはカミソリと同じです。
しかし、その安全性はカミソリに比べて非常に高く、使い方を誤らなければ皮膚を痛めずカミソリ負けなどもほとんどありません。
毛根を残してしまうことにはなりますが、レーザー脱毛中に生えてきたムダ毛の処理に最適です。
なぜなら、黒い毛根が生えてなければレーザー脱毛はできないからです。
扱いが簡単で、時間をかけずに効率よくムダ毛を処理できることが最大の利点といえます。

電気シェーバーのデメリット

syeiba2
表面に生えてきた毛の処理しかできないため、しばらくするとまた毛が生えてきて、肌に触れるとチクチクと痛みます。ワックス脱毛に比べても、その場しのぎの脱毛方法といえます。
また安全性は高いとはいえ、カミソリと比べた場合の話です。電気シェーバーでも皮膚へのダメージはあり、乾燥肌や炎症を引き起こす原因となるため、処理後のケアは必要です。
電気製品であるため、電気シェーバーはそこそこ値が張るのもデメリットです。購入する場合は、使いやすいものを選びましょう。知人の口コミなども参考にしましょう。

  • 女性の体験談
  • 男性の体験談

全身脱毛サロン比較料金プランと口コミ紹介ドットビズ

脱毛サロン口コミ比較ドットビズ【マチコの知らない世界】フッター画像

ホームページ名
Copyright (C) 2017 全身脱毛サロン比較料金プランと口コミ紹介ドットビズ All Rights Reserved.