脱毛サロン口コミ比較ドットビズ【マチコの知らない世界】TOP画像

家庭用脱毛器・サロン脱毛・医療脱毛を選ぶならどれ?

家庭用脱毛器と、エステ(光エステ)、医療脱毛(レーザー脱毛)、どの方法で全身脱毛するか迷っていませんか?
家庭用脱毛器が一番手軽なのは確かですが、「せっかくならクリニックで永久脱毛したほうが良い」「プロに任せたほうが安心」
といった考えもあり、悩むところです。
本当に納得できる答えを出すために、それぞれのメリット・デメリットをはじめ、全身脱毛完了までに必要な期間・コストを比較してみました!

家庭用脱毛器のメリット・デメリット

脱毛器

まず、「家庭用脱毛器を使うか、それともサロンやクリニックに通うか」が大きな分かれ道になります。
家庭用脱毛器だけで全身脱毛を行った場合、どんなメリット・デメリットがあるのかを見ていきましょう。

メリット

  • 脱毛に通う時間がないときでも、空いた時間に自分のペースで脱毛を進められる
  • 自分で出力を自由に調整して、痛みの少ない脱毛ができる
  • 業務用脱毛マシンや医療レーザーと同じ仕組みにより、自宅で気軽に本格脱毛ができる
  • 家族や友人と脱毛器を一緒に使えてお得
  • アンダーヘアや脇毛など恥ずかしい部分を、誰にも見られずに脱毛できる
  • 脱毛する部分が多いほど、コスパが良い(全身脱毛するなら6回分相当で5~6万円)

デメリット

  • VIOや顔など、自分でしっかり安全対策をしないと危険
  • 背中など手の届きにくい部分は一人でやりづらい
  • スケジュール管理ができないと、ついついサボりやすい
  • 万が一、火傷などトラブルが発生した場合は基本的に自己責任
  • サロンやクリニックより最大出力が弱いため、全身脱毛完了まで時間がかかる
  • 慣れないうちは重複照射や当て漏れが生じやすい

脱毛サロン(光エステ)のメリット・デメリット

脱毛サロンで施術を受ける

全身脱毛をするなら、脱毛サロンに任せたほうが効果が高く、安全な気がしますが、デメリットもいくつかあります。
家庭用脱毛器と比較したときの、メリット・デメリットを説明します。

メリット

  • 1~2年通えば、永久脱毛に近い効果が実感できる
  • プロのエステティシャンが施術するため、肌に優しく安全
  • キャンペーン価格により、部位脱毛が激安で行える場合がある
  • 病院との連携により、ドクターサポートが受けられるサロンが多い
  • 脱毛スケジュールの管理はサロンにお任せできる

デメリット

  • 人気のサロンだと、予約が取りづらい可能性がある
  • 長期間通い続けるのが負担になりやすい
  • サロンによっては勧誘やセールスがしつこい場合がある
  • 全身脱毛の料金がやや高額(全身脱毛6回の相場は10万~20万)
  • エステティシャンの一部にはマナーが悪い人もいる

医療脱毛(レーザー脱毛)のメリット・デメリット

医療脱毛

クリニックでの医療脱毛は、脱毛サロンと似ているところは多いですが、いくつかの点で違いがあります。
医療脱毛ならではのメリット・デメリットについて述べていきます。

メリット

  • 永久脱毛ができるのは、医療レーザー脱毛だけ
  • 常時ドクターサポートが受けられ、衛生管理も徹底しているので安心
  • 脱毛サロンより人が少ないので、予約が取りやすい
  • 早く脱毛効果が出やすいので、脱毛サロンより少ない回数で完了する
  • 広範囲を一度に処理できて施術時間が短いので、通いやすい

デメリット

  • 部位によっては、電撃が走るほどの痛みがある
  • 全身脱毛の費用が高額なため、敷居が高い(全身脱毛6回分の相場は30~40万円)
  • 脱毛サロンより店舗数が少なく、地方だと通いづらい場合がある
  • 光エステより肌への負担が大きく、皮膚トラブルが起きやすい

何を重視する?脱毛方法を選ぶポイント

各脱毛方法のメリット・デメリットを踏まえた上で、決め手となるのは「脱毛で何を一番重視しているのか?」ということです。
例えば、料金の安さを一番に考えている人もいれば、「とにかく早く全身脱毛を済ませたい!」と効果・スピード重視の人もいるでしょう。
全身脱毛で重視する項目ごとに、脱毛方法を選ぶポイントをまとめました!

脱毛完了までのスピードを重視するなら?

razer

無駄毛に最も早く効果が現れる方法としては、クリニックでの医療レーザー脱毛が定番ですが、家庭用脱毛器も意外と健闘します。
家庭用脱毛器は、出力ではサロン・クリニックに劣るものの、1~2週間に1回という短い間隔で使える強みがあります。
マメに使っていれば、早ければ6ヶ月~1年で、サロンでの全身脱毛と近い効果が得られる人も少なくありません。
これは、クリニックで全身脱毛が完了するまでの期間に引けを取らない早さです。

痛くない脱毛を重視するなら?

痛みが苦手な人には、家庭用脱毛器か脱毛サロンがオススメです。
脱毛サロンでは、基本的に冷却ジェルを塗ってから光を照射するので、大幅に痛みが軽減されます。
家庭用脱毛器ではジェルを使う必要はないですが、直前によく冷やしてから照射しないと、痛みを強く感じる場合があります。
油断して冷却せずに照射すると、激痛だけでなく火傷や肌トラブルにも見舞われるので注意しましょう。
クリニックでは麻酔を打って痛みを和らげられますが、オプション費用がかかってしまいます。

料金の安さを重視するなら?

家庭用脱毛器

全身脱毛を最もリーズナブルに済ませるなら、安いもので3~4万円台から購入できる、家庭用脱毛器が最適です。
ランニングコスト(カートリッジ代や電気代)を含めても、多くの人が10万円以内で、全身脱毛を完了できるでしょう。
ただし、脇など一部のパーツだけを脱毛したいなら、かえって割高に感じるかもしれません。
部位脱毛を安く済ませたいなら、脱毛サロンで実施しているキャンペーンを利用すると、数百円という激安価格で脱毛完了できることがあります。
最近ではクリニックの低料金化も進んでいるので、一部のパーツに限定すれば、永久脱毛を2~3万円から行えます。

肌への優しさ、安全性を重視するなら?

安全性でいえば、医師の腕と医療体制が備わっているレーザー脱毛が一番であるかに思えますが、肌の弱い人には不向きな脱毛方法であるため、安心とは言えません。
敏感肌の人や、肌トラブルが不安な人におすすめなのは、家庭用脱毛器または脱毛サロンです。
脱毛サロンでは、出力を抑えながら脱毛できるだけでなく、アフターケアが丁寧でドクターサポートつきのところが多いので、肌が弱くても安全性と効果を両立できます。
家庭用脱毛器の場合、自分で安全対策やアフターケアを行う必要があり、プロや医師のサポートがついているわけでもないので、安心感では脱毛サロンに一歩譲ります。

手間がかからない方法を重視するなら?

手軽さを一番に重視するなら、家庭用脱毛器がオススメです。
一度に沢山の部位を処理しても、30分~1時間で済ませることができます。
ただし、機種によっては全身脱毛に2時間以上かかることがあるので、ケノンなど使いやすさで評価の高い機種を選ぶのがポイントです。

脱毛サロンやクリニックでは、施術時間だけでなく待ち時間や交通時間まで含めると、1~2時間はかかります。
特に、店舗数の少ないマイナーなサロンやクリニックは、通うだけでも時間を取られてしまいます。

あなたにぴったりの脱毛方法はどれ?

これまで述べてきたメリット・デメリットの比較や、選び方のポイントを参考に、あなたに合った脱毛方法を選びましょう!
比較するポイントが多いと、やはり迷ってしまうかもしれませんので、効果の早さ・料金・痛み・安全性・手軽さなどの項目ごとに、各脱毛方法のオススメ度を整理します。

  効果の早さ 痛み 料金 安全性 手軽さ
家庭用脱毛器
脱毛サロン
クリニック
  • 女性の体験談
  • 男性の体験談

全身脱毛サロン比較料金プランと口コミ紹介ドットビズ

脱毛サロン口コミ比較ドットビズ【マチコの知らない世界】フッター画像

ホームページ名
Copyright (C) 2017 全身脱毛サロン比較料金プランと口コミ紹介ドットビズ All Rights Reserved.