脱毛サロン口コミ比較ドットビズ【マチコの知らない世界】TOP画像

家庭用脱毛器選びに困ったら?失敗しない選び方を解決!

「家庭用脱毛器は、フラッシュ、レーザー、サーミコン・・・と色々あるけど、どの種類を使えばいいの?」
「フラッシュ式に決めたのは良いけど、商品数が沢山あってどれが良いのか分からない!」
このようにお困りではありませんか?
ここでは、家庭用脱毛器を選ぶときに重視するポイントを、おすすめの商品と併せて紹介していきます!

一番おすすめの種類はどれ?

脱毛する機械

家庭用脱毛器の中でも、売れ行き・満足度ともに高いのが、フラッシュ式とレーザー式の2種類です。
「価格が安い」「すぐに処理できる」ことでサーミコン式もなかなか人気がありますが、こちらは除毛効果が主で、フラッシュとレーザーほどの脱毛効果は得られません。
ソイエに代表される毛抜き式や超音波(高周波)式だと、お肌や毛穴を傷めるリスクが高いので、脱毛器初心者には向いていません。

家庭用脱毛器初心者だと、いきなり高額な商品に手を出しにくいとは思いますが、脱毛器に限っては安いだけで選んでいると高確率で不満が出ます。
人気のフラッシュ式とレーザー式は、しっかり効果が感じられる分お値段は高いですが、機能性や保証まで充実しているので、買って手痛い失敗をするリスクはほとんどありません。

レーザーとフラッシュ、購入するならどっち?

それでは、人気のレーザー式とフラッシュ式なら、どちらを選ぶと失敗しないのでしょうか?
両者を効果や価格の点で、詳しく比較していきます。

効果

レーザー脱毛

どちらも光の熱によって毛根を弱らせる仕組みは同じですが、決定的に違う点は効果の強さです。
レーザーのほうが強力な出力なので、脱毛サロンでも効果が出なかった人にはレーザーが向いています。
ただし、肌が弱い人だと熱が強すぎて肌トラブルが起きる他、使い方に慣れていないとヤケドの危険性があるなど、一概に効果が強いほど良いとはいえません。

痛み

脱毛初心者にとって、痛みに耐えられそうかどうかも、特に気になるところではないでしょうか?
効果の強さではレーザーに一歩譲るものの、痛みが軽くて済むフラッシュ式なら、痛すぎて続かないという心配はまず無いでしょう。

本体価格

フラッシュ脱毛器の価格相場には幅があり、安いもので3~4万円、高いもので5~6万円以上する商品があります。
一方でレーザー脱毛器の相場は約5万円前後で、フラッシュ脱毛器の価格帯とそれほど大きな違いはありません。
フラッシュ式は本体の他にカートリッジの購入費用がかかりますが、カートリッジ交換の手間があるかないかだけで、ランニングコストがかかる点ではレーザーも同じです。

使いやすさ

レーザー照射の脱毛器

どちらも使い方は光を肌に照射していくだけですが、照射範囲が広い光脱毛器のほうが、手早く処理を完了できます。
全身脱毛を早く終わらせたいなら光脱毛器がおすすめですが、ピンポイントで気になる部分だけ照射したい場合には、照射口の狭いレーザーのほうが便利です。

以上の比較結果から、フラッシュとレーザーそれぞれに向いている人をまとめます。

フラッシュ式がおすすめの人

  • 毛が薄くなる、毛量が減るだけでも十分
  • 毛を少しだけ残したい
  • あまり痛くない方法で脱毛したい
  • 価格と機能性の兼ね合いから、納得できる商品を選びたい
  • 広範囲を素早く処理したい

レーザー式がおすすめの人

  • ツルツルになるまでしっかり脱毛したい
  • 痛みを我慢できる自信がある
  • 消耗品を購入する面倒は避けたい
  • ピンポイントで処理したい箇所がある

家庭用脱毛器を選ぶポイント

シンプルに効果の強さだけで選ぶなら、フラッシュ式よりもレーザー式でしょう。
光脱毛の効果が出やすい人なら、フラッシュ式でも十分に満足できます。
では、脱毛効果を一番に重視するなら、とりあえず人気商品を選んでいればハズレはないのでしょうか?
実は、それでも満足できるとは言い切れません。
家庭用脱毛器選びで後悔しないためには、他にもいくつか重視してほしい点があります。

脱毛したい部位に対応しているか?

ストップをかける男性

家庭用脱毛器があれば、自分ですべての部位をツルツルにできる!と期待されがちですが、実際は少し事情が違います。
腕や足など手の届く範囲なら手軽に脱毛できるのは確かですが、商品によって、顔やVIOなど一部のデリケートなパーツには使用できないことがあります。
あくまでメーカーが非推奨としているだけなので、自己責任で顔・VIOに使っている人もいます。
ただし、強い痛みやヤケドなど副作用のリスクを絶対に避けたいのであれば、おすすめはできません。
もし使用不可な部位に使って事故などが起きたとしても、メーカーに責任は取ってもらえないので注意しましょう。
デリケートな部分に使える脱毛器でも、念のために弱い出力から照射をスタートしましょう。

最近では、顔やVIOラインまで含めて脱毛できる商品が増えてきています。
デリケートなパーツにも使える家庭用脱毛器としては、「ケノン」が知られています。
ケノンには細かいパーツに使えるスリムアタッチメントや、ヒゲ専用アタッチメントまで付属していて便利です。

また、フェイス用・ヒゲ用・スポット用など各種アタッチメントが最初から付属している、「レイボーテエクストラ」もコスパが良くおすすめです。
レイボーテエクストラには、瞬時に冷却する機能がついているので、デリケートな部分でも素早く安全に処理が完了できます。

消耗品は必要か、コストはどのくらいか?

長く使用することになる家庭用脱毛器だから重視したいのが、ランニングコストです。
トリアのように充電式で本体さえあれば使える商品の他、定期的にカートリッジ交換のコストがかかるケノンのような商品もあります。
充電式とカートリッジ式のメリット・デメリットを比較してみましょう。

【充電式(トリア)】

○メリット

  • 本体を一度購入すれば、寿命がくるまで消耗品の購入は不要
  • 1ショットあたりの効果が強力

○デメリット

  • 照射口が狭いので、より多くのショット回数が必要になる(ケノンの約10倍)
  • 必要なショット回数が多くなる分、電気代のコストが高くなる

【カートリッジ式(ケノンやツーピーエスなど)】

○メリット

  • 1ショットで照射できる範囲が広く、より少ないショット回数で脱毛が完了する
  • 必要なショット回数が少ない分、カートリッジのコストが安くなる

○デメリット

  • カートリッジを定期的に交換する手間と費用がかかる
  • 1ショットあたりの効果が比較的弱い

一見、繰り返し充電して使えるトリアのほうが手軽でお得そうに見えますが、必要なショット回数や電気代・本体寿命まで考慮すると、一概にそうとも言えません。
同じ範囲に照射したときのランニングコストを比較するなら、ショット回数が少なくて済む、カートリッジ式のほうがお得ともいえます。
ただ、もっと長い目で見れば効果が出やすいトリアのコスパも捨てたものではありません。
どちらも一長一短あるので、お手入れの早さと効果の早さ、どちらを重視するかで決めましょう。

肌に優しいか?

脱毛サロンやクリニックでは脱毛できない敏感肌・アトピー肌の人でも、家庭用脱毛器なら安全に使える可能性はあります。
しかし、商品によっては出力が強く、肌の弱い人には向かないことがあります。
一人ひとりの肌への安全性は実際使ってみないと分からないので、ここでは肌に優しいと口コミで評判の機種を厳選してご紹介します。

ケノン

10段階の出力調整機能があり、肌が敏感な人でも弱い出力に設定して使えば安心です。

レイボーテエクストラ

照射しながら自動で冷却できる機能がついており、脱毛後の乾燥や肌荒れといったトラブルを防ぎます。

エピナード

レイボーテと同様に冷却機能がついており、専用のジェルで脱毛後の保湿もバッチリです。

  • 女性の体験談
  • 男性の体験談

全身脱毛サロン比較料金プランと口コミ紹介ドットビズ

脱毛サロン口コミ比較ドットビズ【マチコの知らない世界】フッター画像

ホームページ名
Copyright (C) 2017 全身脱毛サロン比較料金プランと口コミ紹介ドットビズ All Rights Reserved.