脱毛サロン口コミ比較ドットビズ【マチコの知らない世界】TOP画像

家庭用脱毛器の安全性は?注意しないと危険!

家庭用脱毛器は、個人でも安全に使えるように設計されているので、大きな事故が起きる心配はまずありません。
ただし、間違った使い方をするとヤケドを始めとしたトラブル・副作用の危険性が、やはり大きくなります。
家庭用脱毛器を使うときに必ず守ってほしい注意点などを、説明していきます。

副作用・トラブルの危険性はどのくらい?

まず、家庭用脱毛器の種類ごとに、どのような危険があるのか、安全性はどのくらいなのかを述べていきます。

光(フラッシュ)脱毛器

光脱毛器

もともと肌に優しいと定評のある光脱毛マシンですが、家庭向けにさらに出力を抑えているので、ヤケドすることは滅多にありません。
ですが、出力を最大レベルに設定した状態で、日焼けした肌・ほくろ・アザなど黒い部分に照射すると、ヤケドの危険性が大きく高まります。

レーザー脱毛器

家庭用脱毛器の中では一番出力を高く設定できるので、肌の弱い人やデリケートな部位に使用するときは、細心の注意が必要です。

サーミコン脱毛器

熱線によって毛を焼く仕組みですが、肌に直接触れることはないので、ヤケドの危険はほぼありません。
ただし、凹凸のある部分に照射すると角度によっては熱線が当たる可能性もゼロではないので、使い方には注意が必要です。

その他の脱毛器

フラッシュ脱毛

超音波式や毛抜き式など、毛を引っ張って抜くタイプの脱毛器は、抜くときのタイミングや力加減によって毛穴が傷つき、皮膚が硬くなったり、埋没毛ができるといった報告があります。
無理やり毛を引っこ抜かないように気をつけて、お手入れ後は保湿で丁寧に肌を労りましょう。

安全性が高い家庭用脱毛器であっても、使い方しだいでは危険性を高めてしまうということです。
では、副作用やトラブルを防ぐために注意すべき点とは何なのかを、詳しく述べていきます。

家庭用脱毛器の使用を避けたほうが良い人

肌トラブルのイラスト

家庭用脱毛器を使い始める前に、まず脱毛してもOKな状態なのかを、チェックしましょう。
以下の点に該当している人は、家庭用脱毛器の使用を避けなければなりません。

  • 脱毛したい箇所が日焼けしている
  • アトピーなどの皮膚疾患がある
  • タトゥーや刺青を入れている

お肌のコンディションは良くても、お身体の状態によっては脱毛を避けたほうがいい場合があります。
病気などの事情でサロンでの脱毛を断られたことがある場合、家庭用脱毛器の使用も、安全を期するため基本的にNGです。
特に以下に該当する人は、家庭用でも脱毛することはできません。

  • 光過敏症の人
  • 医療電子機器(ペースメーカーなど)を埋め込んでいる人
  • 皮膚疾患や、糖尿による皮膚異常症を抱えている人
  • アトピー治療中の人、ステロイド薬剤を服用中の人
  • てんかんなどの持病がある人
  • がん治療中で、放射線療法や化学療法を受けている人

その他、体調が悪いときは無理して脱毛器を使うのは避けてください。
上記に当てはまらなくても、通院中・服薬中の人や高齢者は念のため、医師に許可をとってから脱毛を始めましょう。

生理中に使っても大丈夫?

お腹を抑える女性

生理中でも脱毛器を使えないことはないですが、普段よりお肌がデリケートな時期なので、強く痛みを感じたり、炎症が起きる恐れがあります。
どうしても生理中に使用したい場合は、事前にお肌をしっかりと冷やし、出力は低いレベルに設定して使いましょう。
始めに、ヒザ下など皮膚が丈夫な部分から照射を試してみるのがおすすめです。
生理中は肌の水分量が低下して乾燥しやすくなっているので、使用後の保湿はいつもよりしっかりと行いましょう。

妊娠中・授乳中に使っても大丈夫?

家庭用脱毛器の説明書では、妊娠中・授乳中の使用を控えるように書かれています。
使っても赤ちゃんと母体の健康に大変な悪影響があるわけではないですが、使用中に光や痛みの刺激で気分が悪くなりやすく、肌が敏感になっておりトラブルが起きやすい・効果が出にくいといった問題があるので、使用は推奨できないのです。

家庭用脱毛器を使うときの注意点とは?

家庭用脱毛器を安全に使うために、必ず以下の注意点を守りましょう。

パッチテストを行う

パッチテスト

まずは目立たない部分にテスト照射して、出力による痛みの程度や、肌への影響を確かめましょう。
パッチテストをして1~2週間経っても肌に異常が現れなければ、他の部位を本格的にお手入れし始めてOKです。

目を保護しながら使う

光脱毛器は照射時に強い光を発するので、目がダメージを受ける恐れがあります。
照射中は目をつむる・そむけるか、サングラスやタオルで目を保護しながら使いましょう。

必ず肌を冷やしながら照射する

家庭用脱毛器の使い方として冷却は基本中の基本ですが、面倒でついサボりたくなることはありませんか?
しかし、冷却をしないと強い痛みを感じたり、ヤケドのリスクが跳ね上がります。
冷却の手間を減らすためには、広い面積を一度に冷やせるアイスパックを使うのがおすすめです。
または、レイボーテやエピナードといった冷却機能つきの脱毛器を選ぶと、冷却材を使う手間がなく楽です。

目や粘膜の近い部分には使わない

VIOライン

目元や口元、IOラインなど皮膚のデリケートなパーツは、光を照射するとヤケドや肌荒れ、黒ずみ(色素沈着)といったトラブルが起きやすいです。
機種によってはビキニライン(Vライン)に使える場合がありますが、IラインやOラインには使用不可となっていることが多いです。
これらのパーツは、安全に脱毛できてドクターサポートの万全な、サロンやクリニックで処理してもらうのを推奨します。

前回の使用から1週間以上空けて使う

家庭用脱毛器は肌に優しい設計とはいえ、連続・連日の照射は肌に負担が大きすぎます。
同じ場所に照射するときは、1~2週間を目安に期間を空けてから使いましょう。

ほくろや痣を保護してから照射する

光(レーザー)は毛のメラニン色素に反応して熱を発生する仕組みですが、それはほくろや痣の黒い色素に対しても同様です。
そのままほくろに光を当てると、ヤケドをする危険性が非常に高いです。
口コミでは「脱毛器でほくろが取れた」という報告もありますが、安全のためには無闇に試さないほうが賢明です。
ほくろや色の濃い痣は、必ずシールなどで保護してから照射を開始しましょう。

手の届きにくい部位には無理して使わない

ヒップや背中といった自分では見えないパーツの処理は、自分一人で行うのが難しいため、当て漏れや重複照射が発生しやすいです。
特にヒップの処理は、誤って粘膜近くに照射してしまう危険があるので、誰かに手伝ってもらうか布を被せるなどして安全を図りましょう。

使用前に制汗剤やローションはキレイに落とす

脱毛器を使う直前は、肌の汚れはもちろん、余分なものは一切落とし清潔な状態にしておかなければなりません。
制汗剤やローション、日焼け止めなどを塗ったままだと、それらの成分が毛穴に入って、熱による脱毛効果を弱めてしまうのがひとつ目の理由です。
加えて、脱毛器を使った後はお肌に軽い炎症が起きて非常にデリケートな状態になるため、成分や添加物の刺激に反応しやすく、肌トラブルが起きるリスクが高まるからです。
もっとも、脱毛サロンとは違い家庭用脱毛器は家にいながらお手入れできるので、直前に日焼け止めや制汗剤を使う必要はあまり無いかと思います。

以上の注意点を守っていれば、家庭用脱毛器でヤケドなどの肌トラブルが起きる心配はありません。
正しい使い方に限らず、説明書に書かれている保管方法もしっかり守って、脱毛器を安全に長く使い続けましょう。

  • 女性の体験談
  • 男性の体験談

脱毛サロンの口コミと安いおすすめ料金プランの比較ドットビズ

脱毛サロン口コミ比較ドットビズ【マチコの知らない世界】フッター画像

ホームページ名
Copyright (C) 2017 脱毛サロンの口コミと安いおすすめ料金プランの比較ドットビズ All Rights Reserved.