脱毛サロン口コミ比較ドットビズ【マチコの知らない世界】TOP画像

毛の生え変わる周期について

私たちの身体の全身に広がっている毛穴には「周期」があり、それぞれがばらばらに毛を成長させたり休止したりを繰り返しています。多くの脱毛法が存在しますが、毛穴の周期によっては効果をほとんど発揮できない場合もあります。
そのため、毛穴の永久脱毛を目指す場合には数回にわたって繰り返す必要があります。

成長期

目に見える毛のほとんどが「成長期」にあたる毛穴から生えています。毛は数えきれないほど無数にあるかのようにみえますが、これでも全ての毛穴のおよそ1/3程度であり、実際にはその3倍程度の毛穴が存在することになります。
現在の脱毛法で主流となっているレーザー脱毛や光脱毛では、黒い色に反応させて毛穴にダメージを与えることで、はじめて脱毛を可能にしています。つまり一度の施術では、成長期の毛穴しか脱毛できないのです。
そのため、数回から数十回は通わなければ、脱毛は完了しないということになります。

退行期

成長期にあった毛の成長が終了し、それが抜けるまでの期間が「退行期」となります。毛抜きなどで引っ張りあげた時に、スルっと簡単に抜けてしまう毛はこの周期を迎えていたことになります。
レーザー脱毛や光脱毛で脱毛することはできますが、毛穴にまでダメージが届きにくいため、また生えてくる可能性が高くなります。
しかし毛穴に針を刺し、電気を流すことで毛穴の活動を止める針脱毛であれば、この状態の毛穴であっても永久脱毛ができます。

休止期

毛穴が次に生えてくるための力を蓄えている状態が「休止期」であり、毛は存在しません。この時の毛穴にはレーザー脱毛や光脱毛では手をだすことができず、しばらくするとまた毛が生えてくることになります。

周期を意識した脱毛を!

レーザー脱毛が効果を発揮できるのは全体の1/3程度の、目に見えて生えている成長期の毛のみです。一度処置を受けても数ヶ月すれば、休止期にあった毛穴からまた生えてきますが、それは効果がなかった訳ではないのです。
自己処理をしなくてもよい程度になるまで脱毛するには、何度も通いつづける必要があります。出力を弱めた光脱毛ならば、一度の施術時間は短いものの、もっと多く通い続けなければなりません。
そのため、時間のある学生のうちから通い始めた方がよい、とも言われています。全身のムダ毛を気にしなくても良くなれば、ファッションの幅は広がり、恋愛のチャンスも増えていきます。毛の周期を意識して、賢く脱毛を進めていきましょう。

関連したコンテンツ

脱毛後のアフターケア男性も通える脱毛サロン|毛の周期について|色素沈着を引き起こす

  • 女性の体験談
  • 男性の体験談

全身脱毛サロン比較料金プランと口コミ紹介ドットビズ

脱毛サロン口コミ比較ドットビズ【マチコの知らない世界】フッター画像

ホームページ名
Copyright (C) 2017 全身脱毛サロン比較料金プランと口コミ紹介ドットビズ All Rights Reserved.