脱毛サロン口コミ比較ドットビズ【マチコの知らない世界】TOP画像

知らないと危険?VIO脱毛や全身脱毛後の注意点とは

脱毛後のお肌はいつもより敏感になっているので、何も注意せずいつもどおり過ごしていると、大変なことになるかもしれません!

脱毛後の注意点をまとめていきます。

脱毛後は、お風呂や温泉もダメ?

脱毛後の注意として、やってはいけない行動がいくつかあります。
銀座カラーでも施術後に指導があると思いますが、念を入れて確認しておきましょう。

お風呂や温泉につかるのはNG!

onsen
まず、脱毛をしたその日に注意して欲しいのが、1日間はお湯につかるのは厳禁なことです。
お風呂や温泉のように湯船には浸からなくても、岩盤浴や激しいスポーツのように、汗をかく行為も脱毛後のお肌にとって良くないんです。

フラッシュを照射した後の皮膚はしばらくは熱がこもっているため、約1日間かけてじっくりと鎮静させなければならないのよ。

冬の間は、暖房に長時間当たったりするのでさえ良くないので、多少寒くても熱を急上昇させる活動や機器は遠ざけたいところですね。

もしも肌を温めすぎると、ひりひり感や赤みが残ってしまうかもしれません。
その後の施術にも差し支えるので、細心の注意を払って下さい。

毛抜きで自己処理をするのはNG!

kenuki
施術を受けてから回数がまだ浅いと、再び生えてくる無駄毛を意識して、自己処理を加えてしまう人もいます。
脱毛中でも、自己処理は絶対ダメなわけではないんですが、毛抜きや除毛クリーム・ワックス、カミソリなど皮膚にとって負担を過度に与える方法は推奨できません。

どうしてもキレイにしておきたいなら、優しく剃れるシェーバーを使って処理して下さい。

デオドラントスプレーや制汗剤はNG!

spray
術後数時間は、制汗スプレーやデオドラントクリームを塗るのも控えて下さい。
いつもより刺激に弱くなっている皮膚では、スプレーなどを塗って放置していると雑菌が繁殖しやすくなります。


銀座カラーで販売されているスキンケア用品をおすすめされたら、そちらを指示に従って使うのが安全です。1時間以上経てば、保湿クリームなどを使って積極的にケアするほうがむしろお肌のためになるんです。

脱毛直後でなければ、日焼け止めクリームを使って日常的に紫外線対策を行っておくのも重要なのよ。

日焼けしてしまうと、毛のメラニン色素に反応するフラッシュが、皮膚の色と判別しづらくなり効き目が弱まるからです。

飲酒をするのはNG!

insyu
アルコールを摂取することで、肌の血行が良くなりすぎるのも良くない影響があります。
飲酒が習慣の人は、ついいつも通り飲んでしまうかもしれないので、その日は飲みに誘われても行かないなど極力意識しておきたいですね。

私は飲むわよ。

赤みが出てしまった!どうすれば?

フラッシュ脱毛では毛根に対して、瞬間的に高温処理を行って抜ける仕組みなので、終わった後は軽く日焼けのような状態になります。

肌質がデリケートな方だと、赤みが残ってひりひりする感覚が出て来る可能性があるわね。

hadaare
もしもこのような症状が出ても、自分で皮膚を冷やしたり、保湿をしっかりしておけば数日間で治まるので、過度に心配する事はありません。
銀座カラーでもクールダウンの処置を丁寧にしてくれるので、特別肌が弱くない限りは大丈夫でしょう。
オススメのケア方法は、お家の保冷剤を当てて鎮静させるやり方です。


この際、かちかちに凍っている状態だと低温火傷になるおそれがあるのでやり過ぎは禁物です。
冷凍するのではなくあらかじめ冷蔵庫で冷やす程度で、固まっていない状態のヒンヤリしたものがちょうどいいですね。低温やけどを防ぐために、保冷剤を直接当てるより、ガーゼやタオルに包んでおくほうが良いでしょう。

デリケートな肌質だと、赤みの他にただれたり水ぶくれが生じたりと、心配な症状が色々と想像されるのではないでしょうか?もしもそのようなトラブルがあれば、ドクターとの連携をしている銀座カラーならすかさず正しい処置を行ってくれます。

光脱毛が初めてだと、些細な赤みでも気になるわよね。

そんなちょっとした悩みでも丁寧に相談に乗ってくれるのが銀座カラーなので、遠慮なくスタッフに話してみてください!

VIO脱毛後 してはいけないこと

☑生理が来るのが解ったらVIO脱毛は受けない方が良いでしょう。
経血、オリモノで不衛生になってしまうと、かゆみが出てかぶれの原因になります。
☑最低でも2日~3日ぐらいは性行為を避けた方が良いでしょう。
デリケートな部分なので皮膚が薄くこすれると赤みがかる可能性があります。

銀座カラーでは無料カウンセリングの際にVIOの処理についても詳しく説明があります。

薬の服用中は、脱毛しても安全?

kusuri
銀座カラーのカウンセリングでも、「現在病気の治療中か、服薬中か」といったことを聞かれます。
薬服用中でも脱毛ができないことはありませんが、施術の直前には服薬してはいけないといった注意事項を守る必要があります。

また、病気や薬の性質によっては、フラッシュ脱毛を受けてもよいか医師の許可を求めなければならないケースもあるでしょう。許可の確認については、特別書類などを用意しなくてもよく、電話確認だけでも構わないとのことです。
その場で電話確認をとるように言われることもあるので、治療中の方は診察券も持参しておきましょう。

病院への許可がとりにくい場合は、処方箋を渡している薬剤師へ確認をとっても良いですね。

  • 女性の体験談
  • 男性の体験談

脱毛サロンの口コミと安いおすすめ料金プランの比較ドットビズ

脱毛サロン口コミ比較ドットビズ【マチコの知らない世界】フッター画像

ホームページ名
Copyright (C) 2017 脱毛サロンの口コミと安いおすすめ料金プランの比較ドットビズ All Rights Reserved.