脱毛サロン口コミ比較ドットビズ【マチコの知らない世界】TOP画像

毛抜きなどでムダ毛の自己処理をするのはリスクが大きい

「脱毛サロンに通わなくても、毛抜きやカミソリを使ってムダ毛を処理すればいい」
そう考えている人も多いでしょう。しかし、自己処理にはさまざまな危険があるのを知っていますか?手軽に使える除毛クリームや家庭用脱毛器も、皮膚に悪影響を与えるおそれがあるのでおすすめできません。

おすすめできない理由を紹介しています。

毛抜きを使う場合のリスクとは?

ピンセットで毛抜き

毛抜きを使う脱毛方法は、カミソリと同じぐらい肌を傷つけるリスクがあります。もっとも怖いのは、埋没毛と呼ばれる状態です。埋没毛とは、毛抜きを使った自己処理によって、ムダ毛が途中で切れて皮膚の中に入り込み、黒くとぐろを巻いたような状態になることをいいます。一度そうなると、エピレなど脱毛サロンで受けられるレーザー脱毛によってしかそのムダ毛を取り除くことはできません。

毛抜きを使っての自己処理は、ひどい痛みが伴うことがよくあります。時には、涙が出てくるほど強い痛みが感じることもあるでしょう。この痛みをなるべく抑えたいなら、毛の生えている方向に沿ってムダ毛を抜き取るしかありません。その抜き方なら、少しは痛みが抑えられます。

毛抜きで抜いた跡が、赤くなって炎症が起きてしまうことも。ひどい時は赤くなった部分が化膿することまであります。

これでは、ムダ毛を取り除くことはできても、皮膚が受けるダメージは計り知れません。

ただし、毛抜きを使えば、毛根からムダ毛を取り除くことができるので、永久脱毛に近い効果があります。カミソリを使う処理では毛根まで取り除けないので、毛抜きの方が良いと思う人もいるようです。

しかし、肌がダメージを受けるリスクを考えると、毛抜きを使うのはやはりおすすめできません。

安くすませようと思っていたのに、お肌にダメージを与えていたのね。

除毛クリームを使う場合のリスクとは?

クリーム容器の蓋を開ける女性

それでは、除毛クリームを使った脱毛はどうでしょう。除毛クリームを使うと、皮膚が薬品によってダメージを受けてしまうおそれがありますので、特に、肌が弱いタイプの人にはおすすめできません。

除毛クリームは、含んでいる薬品がムダ毛のタンパク質に作用して毛を溶かしてくれます。実は、その成分が皮膚にも染みこんでしまうため、肌が悪影響を受けるのです。ムダ毛はタンパク質でできていますが、人間の皮膚の主成分もタンパク質です。そのため、自覚症状がなくても皮膚の表面も毛と一緒に溶けてしまう可能性大です。

塗るだけで簡単にムダ毛を処理できる除毛クリームは、ドラッグストアで手軽に購入できるうえ、価格もリーズナブルなため、人気があり多くの人が使っています。さらに、毛抜きや脱毛テープのように痛みを伴わないので、重宝されています。

最近では、ムダ毛の毛根まで溶かしてくれる完全脱毛クリームと呼ばれる商品も売られています。しかし、毛穴の中で毛根が完全に溶けきれずに、さまざまな方向を向いたまま残ることがあるので、皮膚の中でムダ毛が伸びて埋没毛になってしまう場合もあります。

ムダ毛が生えるたびに繰り返し除毛クリームを使うと、肌が炎症やかぶれを起こすこともあります。また、生理前など、肌が敏感になっている時に除毛クリームを使うと、肌トラブルが起きる可能性もあります。

痛みがなく高い効果が得られると思われている除毛クリームですが、皮膚に悪影響を与えて肌トラブルを引き起こしやすいリスクがあるため、頻繁に使わないことをおすすめします。

なにごとも使い過ぎはダメね。

家庭用脱毛器を使う場合のリスクとは?

家庭用のフラッシュ脱毛器

家庭用のフラッシュ脱毛器も人気がありますが、その安全性についてはやや問題があります。

家庭用フラッシュ脱毛器のもっとも大きなリスクは、フラッシュの光が目に入ると失明してしまう可能性があることです。その危険を回避するために、使用時には、必ずサングラスをかけて目を保護するようにしましょう。

また、フラッシュは黒い色に作用するので、日焼けした肌にフラッシュを照射するのもよくありません。最初にパッチテストをしておくことも、安全に脱毛器を使うために大切なことです。

小さな子供や高齢者も、自分で脱毛しない方が安全です。使い方を間違えると思わぬ事故につながることもあるので、脱毛機器を使用する前には必ず説明書を読んで、内容をしっかりと理解しておきましょう。

このほか、フラッシュ脱毛器を使ってはいけないケースを列記しておきますので、該当する方は使用を控えましょう。

  • ステロイドを含む塗り薬を皮膚に塗っている方
  • 血管障害などが発生しやすい糖尿病の疾患のある方

特に、糖尿病の方は、脱毛によって小さな傷ができるととても危険です。最悪の場合、その傷が広がってしまって壊疽にまで発展することもあります。

健康な方でも、フラッシュ脱毛器の使い方によっては皮膚がやけどをしてケロイド状になったりすることもあるようです。

使用前には、必ず注意事項に目を通して、安全な使い方をするように心がけましょう。

  • 女性の体験談
  • 男性の体験談

脱毛サロン口コミ比較【マチコの知らない世界】

脱毛サロン口コミ比較ドットビズ【マチコの知らない世界】フッター画像

ホームページ名
Copyright (C) 2016 脱毛サロン口コミ比較【マチコの知らない世界】 All Rights Reserved.