脱毛サロン口コミ比較ドットビズ【マチコの知らない世界】TOP画像

脱毛が出来ない人や条件について知っておこう

アトピーやニキビなどの肌トラブルが多い人もいますよね?
シースリーでは、そのような人たちは必要な条件を満たさなければ脱毛できない場合があります。
また、妊娠中や授乳中も基本的には脱毛できないことになっています。

アトピー肌の人は医師の許可がなければ脱毛できない

hihu-datumo
アトピー肌で皮膚科に通っているという人も中にはいるでしょう。
実際のところ、それでも皮膚科病院の医師に診断書や同意書を書いてもらえれば、シースリーで脱毛を受けることができます。


ですので、「自分は肌が弱い」「ブツブツが出やすい」と自覚している人は、まず病院に行って医師に相談してみましょう。
すでに皮膚科に通っていて、ステロイド系の塗り薬などを処方されている場合は、脱毛の施術を断られることもありますので要注意です。

理由は、脱毛機のフラッシュを照射した時に、ステロイド系の薬品が塗ってあることが原因で、皮膚が炎症を起こしてしまう危険性があるからです。
もし、あなたがそのような薬を使っている場合は、必ずスタッフにそのことを相談しましょう。

黙って施術を受けた場合、何か肌トラブルが起こっても、サロン側は責任を取ってくれません。
アトピー肌でなくても、敏感肌で吹き出物が出やすいような肌質の人は、やはり事前に医師やサロンスタッフに相談することが重要です。

フラッシュ脱毛を施術したことによってアトピーの状態が悪化したり、酷い肌トラブルに見舞われたりするケースもないわけではないからです。
お肌が弱いと自覚している人は、必ずシースリーのスタッフにそれを伝えてパッチテストなどをしてもらいましょう。

少し気を付けるだけでも、脱毛をした後に肌トラブルに悩まされる可能性をだいぶ低くすることができます。
アトピー肌の人、特にステロイド系の塗り薬を使っている人は、必ず医師の許可を取ってから脱毛してもらいましょう。

ニキビがある人は保護シールを貼らなければ脱毛できない

若い女の子の中には、ニキビ肌で悩んでいるという人もいるかもしれません。
では、背中や顔などにニキビができている場合は、シースリーで脱毛できるのでしょうか?
nikibi-hada
そのニキビの状態にもよりますが、いくつかできているだけならその上に保護シールを貼るなどしてフラッシュ脱毛を施術できます。
ですので、ニキビができていてもまずシースリーの無料カウンセリング時にスタッフに相談してみましょう。


実は、フラッシュ脱毛を施術することで、ニキビを良い状態に導くこともできます。
シースリーでは毛根からムダ毛の処理を行い、アフターケアも行ってくれますのでお肌の状態が自然と改善されるでしょう。

もちろん、施術が終わった後は、自宅でその部分の保湿を行うことも大切です。
それによって、汚れや皮脂が毛穴に溜まらないように防ぎ、雑菌が繁殖しないようにお肌を整えることができます。

シースリーのエステティシャンは、脱毛を施術する前に「気になるところはありませんか?」と言葉をかけてくれることが多いです。
もし、ニキビができているなら、その時にそれを伝えるようにするのもいいでしょう。

少なくて小さいニキビであれば、保護シールを貼ることでフラッシュ脱毛できることが多いですので、それほど心配することはありません。
広範囲にわたって酷く広がっているのでなければ、保護シールを貼ることで無事に脱毛してもらえるでしょう。

妊娠中や授乳中は基本的に脱毛できない

シースリーでは、基本的に妊娠すると脱毛を施術してもらえなくなります。
一体、それは何故なのでしょうか?
sumaho-pc-woman理由は、脱毛機の使用によって胎児や母体に悪い影響が出るからではありません。
実は、妊娠するとホルモンバランスの状態がどうしても崩れてしまうからです。
そのため、体のムダ毛の生え方も微妙に違ってくることがあります。
そのような時にフラッシュ脱毛を施術してみても、しっかりした脱毛効果は得られないでしょう。

ですので、シースリーに限らずほとんどの脱毛サロンは、妊娠中の脱毛をお断りしています。
ホルモンバランスの崩れによって、日頃は出ない肌トラブルが出る可能性も否定できないため、やむを得ない処置であるといえるでしょう。

また、出産を終えて授乳中の場合も、脱毛サロンでの脱毛の施術は断られることが多いでしょう。
実は、授乳中のお母さんの体からは、プロラクチンと呼ばれるホルモンが出ています。

このプロラクチンは、母体が上手くお乳を出せるように働いてくれますが、次第に体毛が濃くなるという副作用も引き起こします。
ですので、脱毛サロンに通っても脱毛効果が出にくくなってしまうため、シースリーでも授乳中の脱毛は引き受けない態度を取っています。

もともとシースリーの全身永久保証プランを契約している場合は、契約期間の制限がありませんのでどれだけ休んでも好きな時に脱毛を再開できるでしょう。
ですので、わざわざホルモンバランスの崩れる妊娠中や授乳中に急いで脱毛を施術する必要はないのではないでしょうか?

妊娠中や授乳中の時期を避けて、焦ることなくゆったりした気分でサロン通いを再開できるのは、シースリーならではの特権です。
女性の体は、さまざまな状態に変化しやすいものですので、シースリーでは余計な肌トラブルなどを避けられるようにしっかりと考えています。

  • 女性の体験談
  • 男性の体験談

脱毛サロンの口コミと安いおすすめ料金プランの比較ドットビズ

脱毛サロン口コミ比較ドットビズ【マチコの知らない世界】フッター画像

ホームページ名
Copyright (C) 2016 脱毛サロンの口コミと安いおすすめ料金プランの比較ドットビズ All Rights Reserved.