脱毛サロン

自身の肌が脱毛しても問題ないか確認

脱毛を行う場合、ぜひ気をつけたいのは肌の状態です。これから行われる脱毛方法に適していなければ、肌は意外なダメージを受けてしまうことになります。
特に範囲の広い脱毛を行う場合には必ず目立たない部分でテストを行い、脱毛が可能かどうかを判断しましょう。

カミソリやワックス脱毛を行う場合

肌の弱い方や敏感肌、アトピーの方がカミソリ脱毛を行う場合は、かならずシェービングローションなどで保護を行い、剃った後も保湿することが大切です。しかし、シェービングローションそのものが肌に合わない場合も考えられます。
ワックス脱毛を行う場合、そのワックスにはさまざまな成分が複雑に配合されているため、皮膚に影響がないか目立たない範囲でテストを行います。
しかし、このような脱毛方法は効果が長続きしないうえに、皮膚に与えるダメージが大きい傾向にあります。

家庭用の脱毛器具を使用する場合

最近では、刃物を使わないタイプの脱毛器具が販売されています。これらは医療用のレーザーのような効果を持ちながらも、出力を抑えることで誰でも扱えるようにしたものです。肌に直接触れないため、肌の弱い方でも比較的安全に脱毛を行うことができます。
しかしいくら家庭用といえ、肌に色素沈着やホクロ、タトゥーなどがあれば、火傷やかぶれ、腫れなどのダメージを受けてしまう恐れがあります。

レーザー脱毛、光脱毛を行う場合

レーザー脱毛を行う場合に気をつけたいのは、濃く日焼けしている方やタトゥーのある方、ホクロの多い方などです。しかし基本的には肌に与える影響は少ないため、敏感肌であっても脱毛を受けられる可能性があります。
肌の健康状態があまり良くない場合は脱毛を避けるべきですが、体質によりトラブルが長く続いている場合には、美容系のクリニックなどを利用してみましょう。
美容クリニックなどであれば、医療従事者が脱毛を行うことになりますので、肌のトラブルについても相談に乗ってくれるでしょう。

関連したコンテンツ

脱毛できる毛の種類
光とレーザー脱毛のメリットデメリット
脱毛器具を使うよりも サロンやクニックが安全
自分に合う方法で脱毛をする
自身の肌が脱毛しても問題ないか確認

脱毛サロン

脱毛サロン口コミ【マチコの知らない世界】

脱毛サロン口コミ【マチコの知らない世界】

ホームページ名
Copyright (C) 2016 脱毛サロン口コミ【マチコの知らない世界】 All Rights Reserved.