脱毛サロン口コミ【マチコの知らない世界】TOP画像

脱毛できる毛の種類

私たちの皮膚に生えている毛はどれも同じに見えますが、毛の周期に従ってさまざまな状態に姿を変えており、しかもすべてがバラバラに進行しています。脱毛をする場合は、毛の状態を考えて脱毛法をその都度選ばなければなりません。

成長期

毛根が毛を生やしている時期であり、目に見える毛のほとんどがこれに当たります。体全体の毛根の1/3がこの状態であり、残りの2/3は休んでいるということになります。
皮膚表面に毛が露出しているので、カミソリやワックス、毛抜きによる脱毛はこの状態の時に行うことができます。
また、黒々と生えている健康的な毛ならば、その色に反応するレーザー脱毛や光脱毛が可能です。痛みが少しありますが、毛根へダメージを与えることで、ほとんど永久的といっても良いほどの脱毛効果を得られます。

退行期

毛根がこれから休もうとしている時期であり、毛の成長はストップしています。よって、毛そのものは自然に抜け落ちるような状態となっています。
カミソリやワックス、毛抜きなどの道具を使用した脱毛を行うことが可能です。しかし、今もっとも人気のあつまっている、レーザー脱毛や光脱毛では、毛根へのダメージが届かずほとんど対応できません。
古くからある永久脱毛法の針脱毛ならば、この時期の毛に対しても脱毛を行うことが可能です。

休止期

毛根が休み、毛を伸ばすための準備をしている状態であり、毛そのものを確認することはできません。そのため、あらゆる脱毛法で手が出せないことになります。唯一、対処可能な脱毛法は針脱毛のみです。

その他の毛

すべての毛は黒く健康的に生えてくるわけではありません。真っ白な白髪や、毛抜きやカミソリによる脱毛により埋没してしまった毛などもあります。
埋没毛は皮膚が傷つけられることで発生するため、下手に対処するとかえって悪化します。レーザー脱毛などで脱毛を行いましょう。
白髪は脱毛用のレーザーが反応しないため、毛抜きなどで抜くか、針脱毛が必要です。
毛や肌の状態をみて、自分にあった脱毛法を選ぶことが大切です。

関連したコンテンツ

脱毛できる毛の種類
光とレーザー脱毛のメリットデメリット
脱毛器具を使うよりも サロンやクニックが安全
自分に合う方法で脱毛をする
自身の肌が脱毛しても問題ないか確認

脱毛サロン口コミ比較【マチコの知らない世界】

脱毛サロン口コミ【マチコの知らない世界】

ホームページ名
Copyright (C) 2016 脱毛サロン口コミ比較【マチコの知らない世界】 All Rights Reserved.