通いやすさで選ぶならキレイモ
部分脱毛で選ぶならミュゼプラチナム
コースで選ぶなら銀座カラー
予約の取りやすさで選ぶなら脱毛ラボ

気になる効果

脱毛するとどうなるの?

女性の肌のキレイを保つひとつである「ムダ毛の処理」
サロンで脱毛することも考えているけれど、自分で
処理するのと一体なにがちがうのでしょうか。

サロン脱毛と事故処理との違い。

肌に深刻なダメージ

剃る、抜く、クリームなどで溶かすなど
自己処理を繰り返すと肌や毛にダメージを
与え、跡が残ったり、正常に毛が生えない
埋没毛や、炎症などの肌トラブルを引き起
こす原因となってしまうことがあります。

これからはサロン脱毛で!

肌にやさしく、しかも効果が持続。スベスベ肌を保つためにも。

エステサロンや医院などで行う脱毛は、
レーザー照射や光などによって毛根を破壊
するもの。施術時に多少痛みがあることも
ありますが、毛穴が引き締まり美容効果も
高まります。また、長期的に効果が見込ま
れるため、肌荒れや炎症などを引き起こす
こともありません。

KIREIMOバナー

脱毛回数と脱毛のペース

体毛の濃さによって違ってくる脱毛回数

多くの方が疑問に思う脱毛サロンへ通う
回数。実は、ムダ毛の濃さによってそれぞ
れ異なります。
人によって数回通っただけで、ほとんど毛
が生えてこなくなるという方や、定期的に
通ってお肌のキレイを保ち続けるなんて方
もいます。
ご自身が望む脱毛がどのくらい通えば叶う
のかは、まずサロンへ相談してみてもいい
かもしれません。

毛周期から見る脱毛のペース。

体毛には「毛周期」と呼ばれる、定期的に毛が生え変わるスパンがあり
ます。一定期間成長した体毛は、その後退行期に入って自然に抜け落ち
ます。そして数週間から数カ月間の休止期のあと、再び生え始めるので
す。
電気脱毛やレーザー脱毛、光脱毛を施術する場合は、この毛周期に沿っ
て行う必要があり、だいたい成長期から休止期前の毛に対して行うのが
効果的だと言われています。

脱毛できる期間

脱毛できる部分とは

顔

体

KIREIMOバナー

自分のムダ毛に対しての意識や、異性に対してのムダ毛の意識についてアンケートを男女
100人にお願いしました。
アンケート結果から、異性間におけるお互いのムダ毛に対する意識がわるかもしれません。

自分の無ムダ毛気になりますか?

ムダ毛を気にする女性がほぼ94%を占めるのに対し、男性は51%の人がムダ毛を
気にしていないという結果に。やはり男性と比べ、キレイでありたいと日々思って
いる女性の方が男性よりもムダ毛を気にし、逆に男性は自分のムダ毛に対し無頓着
だということでしょうか。

男性のムダ毛、気になりますか?

先ほどの自分のムダ毛に対する意識とは逆に、異性へのムダ毛の意識を調べてみる
と、男女それぞれ半数以上が異性のムダ毛を気にしていることが判明!女性が男性
のムダ毛を気にする割合が74%、男性はなんと88%!男性から見た女性はスベスベ
であるほうが魅力的であるということなのでしょうか?

永久脱毛に興味がありますか?

最後に、永久脱毛に興味があるかというアンケートに答えてもらったところ、意外
なことに男性の5割強が興味があると回答。女性に至っては、98%の方が永久脱毛
に興味があると答えたことがわかりました。

KIREIMOバナー

みんなのギモンにまとめてお答え!脱毛サロン・エステQ&A

サロン脱毛(光脱毛)って、痛みはないの?

脱毛サロンやエステに寄せられる質問の中でも特に多いのが、施術の痛みに関する疑問。
医療用の「レーザー脱毛」の体験談などを読んで、専門店の脱毛施術=とても痛い、というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
しかし、脱毛サロン・エステの施術で主に使用されている「光脱毛※」は、医療用レーザーより弱い出力の光を当てるので痛みも少なく、またムダ毛以外のお肌への作用も緩やかで、負担が少ないのが大きな特徴です。
※注:「光脱毛」は、サロン・エステによってフラッシュ脱毛、SSC脱毛、IPL脱毛など、別の名前で呼ばれることがあります。キレイモでは光脱毛と呼んでいます。

脱毛サロン・エステで行う「光脱毛」のメカニズム


「光脱毛」は、ムダ毛の黒い色の部分に反応して、毛根のメラニンに働きかけることで脱毛を促す、多くのサロン・エステで主に取り扱っている施術方法です。
脱毛を希望される部位、または個人差によって、脱毛施術中、まったく痛みを感じない方や、軽くうぶ毛をなでられたようなくすぐったさを感じる程度という方もいらっしゃいます。

脱毛サロン・エステの施術箇所として人気の高い、「ワキ」や「VIOゾーン」は、体の中でも特に敏感で、デリケートな部位。さらに、濃く、太いムダ毛が集中しているため、比較的痛みを感じやすい箇所としてあげられます。
しかし、こちらも脱毛が進み、ムダ毛の量が減るほどに、反応する黒い部分も少なくなって、刺激も穏やかになります。

最新の設備と熟練スタッフの技術が支える、安心のサロン脱毛


脱毛サロンやエステでは、施術中の痛みや、肌への負担を抑えるプロの施術が受けられます。
ご自宅でも手軽に光脱毛が行える、家庭用脱毛器具を使用された方の中には、あまりの熱さと痛さに、脱毛を断念された方も多いかと思います。これは、熱対策や、肌に負担をかける照射の調整が不十分なのが、大きな原因です。
脱毛サロン・エステでは、痛みと肌への負担を最小限に抑えるため、高い技術を持ったプロのスタッフが、最新の器材を駆使して、脱毛箇所にあわせた適切な冷却と、照射の細かい調整を行います。
サロンやエステの脱毛の痛みが不安な場合は、事前のカウンセリングで、しっかり専門のスタッフまで相談しておきましょう。

どのくらいの頻度で、脱毛サロンに通えばいいの?

脱毛サロン、エステで行う「光脱毛」は、毛が生え変わる「毛周期」にあわせて行います。

光脱毛が効果を発揮するのは、毛周期で「成長期」にあたるムダ毛です。
光脱毛が可能な体表まで、成長期の毛が伸びるのは、一度におよそ20%~30%。
ムダ毛が全体的に抜け落ち、再び生えづらくするためには、成長期以外の「休止期」にあたるムダ毛が、「成長期」にあたるタイミングで、何度か施術を繰り返す必要があります。
そのため、脱毛サロンの施術では、全ての施術が終わるまで、平均して12~16回程度は通う必要があるのです。

この毛周期のサイクルにあわせるため、たいていの脱毛サロン・エステでは、最初は2~3ヶ月に一度の頻度で施術をすすめます。
脱毛サロンの中には、全身脱毛など、広範囲の脱毛の場合は一度に施術する部位を分けて、月に何度も予約が取れるように調整してくれるお店や、脱毛する部位の量が多く、通う回数が増えるのが不安な方に向けて、希望した部位が完全に脱毛し終わるまで、無制限に施術できる回数無制限コースを設定しているサロンもあります。
サロン・エステで行う初回のカウンセリングで、それぞれのメリット・デメリットをしっかり聞いて、あなたのスケジュールや、コストの希望にぴったりなコースを賢く選びましょう。

脱毛サロンやエステは、何回くらい通えば、どのくらい効果が出るの?

【ムダ毛の量が少なくなった!と実感できるまでの回数の目安】

一般的なサロンの光脱毛では、およそ6回の脱毛で、約半分の量まで脱毛できます。
はやければ、1回目の施術でも、毛の量が少なくなったのを実感できることも。
脱毛の目安は、脱毛を希望する部位や、もともとの毛の量によって変わりますが、脱毛サロン、エステの初回カウンセリングでは、希望する脱毛部位にあわせて、効果の目安についても細かく説明してもらえます。
まずはお試し感覚で、脱毛サロンの無料カウンセリングや、エステの期間限定の体験コースを上手に活用しましょう。

【普段のお手入れが楽になった!と実感できるまでの回数の目安】

平均しておよそ12回の施術で、およそ80%の脱毛ができます。
ここまで来れば、施術中、前述の毛周期で休止期にあった、ときどき数本生えてくる毛を処理するだけでOKになります。カミソリや毛抜きを頻繁に使用して、お肌を傷つけることもなくなりますので、つるつるの素肌を実感できるでしょう。

【ほとんどセルフケアが不要になるまでの回数の目安】

およそ15回~18回の施術で、およそ95%までムダ毛を減らし、さらに生え代わりを抑制する、脱毛サロン・エステの確かな効果が実感できます。ここまでくれば、ムダ毛を自己処理する必要も、ほとんどなくなります。

気になるムダ毛のゾーンをチェック!サロン・エステで脱毛できる部位

みんなは、どこまで脱毛してる?脱毛エステ・サロンで人気の脱毛箇所をピックアップ!

【顔まわり】


顔のうぶ毛やあご下などのフェイスライン、鼻の下の処理は、みんなの悩みのタネ。顔のうぶ毛を処理すれば、お肌の印象も◎。エステやサロンのメニューには、処理した後のアフターケアも含まれています。

【えりあし】


髪をアップにすると、とってもめだつ首筋。自分ではキレイに処理するのがむずかしいえりあしも、脱毛サロンやエステの、プロのエステティシャンにおまかせで安心です。

【脇(ワキ)】


脱毛でみんなが気になるポイントといえば、やっぱりワキ!サロン、エステの脱毛で、そり残しや毛穴のぽつぽつも気にせず、オールシーズン快適です☆

【肩~背中】


セルフケアがしにくくて、ついついおろそかになりがちな肩や背中も人気の脱毛箇所。背中の開いた服装も、処理忘れを気にすることなく、いつでもばっちり決まります♪

【ヒジ下】


暖かい季節になると、とっても気になるヒジ下。目につきやすい手の甲や指の脱毛も人気です。エステのあとの指先は、思わず見惚れるつるつる感!

【Vライン】


毛穴やかみそり負けが心配な、デリケートなビキニラインをキレイに処理するなら、やっぱり専門の脱毛エステ・サロン!Vラインを含む、下半身のデリケートゾーンの脱毛では、通常の光脱毛以外にも、温めたワックスを固めてから一度に処理する「ブラジリアンワックス」を併用しているサロンもあります。

【Oライン】


オーラインは、お尻の穴のまわりに生えた、ムダ毛のゾーンです。普段は見えないところですが、VラインやIラインの脱毛とあわせて、デリケートゾーンの清潔感が大幅にアップするVIOライン脱毛は、人気急上昇中の施術です。

【太もも、ヒザ下】


ヒザ下や太ももなど、脚部は体の中でもお肌の面積がひろいだけに、カミソリや毛抜きを使ったお肌のトラブルも多い箇所。素肌をいたわるサロン脱毛で、あこがれのつるすべラインをゲット♪

他にもバストライン、乳首まわり、おへそ周辺、ヒップ、足の甲と指なども、人気の脱毛部位としてあげられます。 あなたが気になる毛の処理は、みんなも気にしているムダ毛のゾーン。ひとりで悩まず、お気軽に脱毛サロン・エステのカウンセリングで相談しましょう。

覚えておきたい!お肌のトラブルを避ける、ムダ毛のセルフケアの基本ルール

肌荒れ・ぶつぶつ・埋没毛。まちがった自己処理は、お肌にダメージをあたえる元。
カミソリ、毛抜き、家庭用脱毛器などを使ったセルフケアで多くみられるトラブルの原因と、その対策方法をご紹介します。

知らないうちにたまるダメージ!まちがったムダ毛処理がまねく、お肌のトラブル


全身の毛は本来、肌を守り、細菌などの侵入をふせぐ役割をはたしています。
カミソリは、素肌の表面の角質までいっしょに削ってしまうため、毎日のように繰り返し使用しているうちに、肌を傷つけ、カミソリ負け、肌荒れ、傷口に入り込んだ細菌による炎症、そして乾燥肌の原因にもなります。
とくに古くなった刃は、目には見えなくとも細かい刃こぼれが起きていますので、素肌を傷つける可能性大。こまめな交換を心がけましょう。
お風呂で使用したカミソリは、水場で雑菌が繁殖するのをふせぐため、使用後は放置せず、乾燥した部屋に置いて保管しましょう。

また、毛抜きは、狭い範囲に一度に力を加えるため、素肌に与えるダメージも大きいムダ毛の処理方法です。無理な自己処理は、毛細血管の出血、炎症、そしてムダ毛が肌の中に残る「埋没毛」など、肌のトラブルをまねく元。
とくに、ワキやビキニラインなど、肌が弱く、デリケートな箇所のムダ毛を処理するときは、オススメできません。

お肌に埋まった埋没毛(まいぼつもう)の自己処理は、危険がいっぱい!


カミソリの深剃りや、毛抜きを使ったときには、皮膚の表面に小さな傷や、穴ができます。
この傷をふさぐためにできた「かさぶた」で毛穴がふさがり、肌の中でムダ毛が成長してしまうのが、いわゆる埋没毛の主な原因。

針やピンセットを使って自分で処理しようとすれば、かえって皮膚を傷つけ、雑菌がはいって炎症を起こす結果になりかねません。お肌に深刻なトラブルを残さないためにも、できるだけ専門の皮膚科に相談して処置して貰いましょう。
どうしても針を使って処置をするときは、かならず徹底的に殺菌消毒を行い、皮膚の表面もアルコールなどで消毒した上で行ってください。

家庭用脱毛器具や、電気シェーバーなど脱毛機器の注意点は?

インターネットの通販サイトや、家電量販店で手ごろなお値段で手に入るようになった、家庭用脱毛器具。
ご家庭で、脱毛エステやサロンと同じ「光脱毛(フラッシュ脱毛)」ができるとあって、人気急上昇中の脱毛グッズです。

でも、家庭用脱毛器具は、脱毛エステ・サロンの業務用器機と比べ、脱毛効果が薄いのが弱点。
家庭で使えるように、出力が大きく抑えられていますので、効果を実感できるまで、何度も照射して処理する必要があります。カートリッジは消耗品ですので、最終的に脱毛が完了するまでに必要な費用が、サロン・エステに通った場合と変わらない、または上回ることもしばしばです。 ほかにも注意しておきたい点として、家庭用脱毛器具には、サロンやエステの脱毛器と違って、冷却装置が無いため、使用したとき強い熱さや痛みがともなうことがあります。説明書をよく読み、冷却の手順はしっかり押さえておきましょう。また、使用するときには、脱毛箇所を冷やす氷などをあわせて用意しておきましょう。

家庭用のムダ毛処理器といえば、電気シェーバーも定番の人気のアイテムです。
剃って処理するタイプと、引き抜いて処理する2種類のタイプがあり、前者はとくに、男性が髭を剃るための電気シェーバーと区別して、「レディースシェーバー」とも呼ばれています。

カミソリや毛抜きにくらべて、圧倒的にスピーディーに処理できるのが大きなメリットですが、お肌に与えるデメリットも、両者と同じです。
剃って処理するタイプの場合、安全のためカミソリと比べて表面までしか処理できませんので、こまめなお手入れが必要になり、かえって肌の表面に傷をつけてしまう恐れがあります。また、引き抜くタイプの電気シェーバーは、一度に毛を引き抜くときに皮膚に大きな力が加わります。ダメージを残さないよう、使用法をよく読んでから、十分に注意して使用しましょう。

東京の脱毛エステ・サロンに通っているユーザーに大アンケート!
『みんなが脱毛を決意したきかっけは?』

  • 満員電車でワキの下が気になって、つり革が掴めなかったとき

  • もともと毛は濃い方なんだけど、肌も弱くてカミソリで処理するたびにボロボロ。夏になると、太陽の日差しがカミソリ負けした肌にヒリヒリするし、冬は乾燥肌になって、かゆみがつら~い!

  • ネットでみつけた、手作りのブラジリアンワックスで脱毛した記事を参考にして、アンダーヘアの処理に挑戦したら、ビキニラインにぼつぼつが残っちゃった…。

  • 夏!水着を着るときに、冬に脱毛通っとけばよかったって毎年後悔する。

  • 脱毛サロンに通ってる友達の、つるっつるでキレイな腕を見た時!

  • すね毛の処理をサボってたら、タイツから尖った毛先がチョビチョビ。ゾッとした!

  • ムダ毛を気にするのは、とにかく、面倒!

  • ひじ下だけ、念入りに剃って出かけたら、二の腕のうぶ毛がめちゃくちゃ目立ってて、生まれたての赤ちゃんチンパンジーみたいになってた。恥ずかしすぎて東京駅まで行ったのにカーディガン取りに家に帰った。もちろん友達との約束には遅刻した。

  • ワキを処理した後の、チクチク・ザラザラ感がとっても嫌。かといって毛抜きで抜くのは痛いし、怖いし…

脱毛サロンを比較!脱毛口コミドットビズ

ホームページ名

ホームページ名
Copyright (C) 2015 脱毛サロンを比較!脱毛口コミドットビズ All Rights Reserved.